相手にものすごく冷めた出来事について

私は独身の頃に友達と一緒に婚活パーティーに行ったことがあります。
私も友達も当時長らく彼氏がいなくて、そろそろ結婚を視野に入れられるような相手探しがしたいと思ったんです。

そこで勇気を出して婚活パーティーに行ってみることにしたんです。
婚活パーティーには本当に色々な職業の人がいて、いかにも合わなそうだなという人もいましたし、思った以上にフランクに話せるなという人もいました。

なんと私はその婚活パーティ―である人とカップルになることが出来、もしかしたらここから良いお付き合いに発展するのかな、なんて思っていたんです。

その彼とパーティーの後に連絡先を交換して、その日は別れました。
そして後日彼と一緒にご飯を食べに行くことになったんです。
そこで私は彼と今後お付き合いすることは絶対にないな・・・と感じました。
それは彼が自分の職業や仕事に関して自慢ばかりをし、会話の半分が仕事の話だったからです。

自分の仕事にとても誇りを持っていて、それを話したくて仕方がない、という感じでした。

ご飯を食べながら、自分の名刺を出してきて自分はこの会社に勤めている、ということを教えてくれました。

その会社は誰もが知っている大手の企業で、私は「あぁきちんとした会社にお勤めの人なんだ」とその時はすごく安心しました。

その後、今彼がどんなプロジェクトに携わっているか、どういう人達と仕事をしているか、など会話の半分以上は仕事の話ばかりでした。正直、この人とは合わないなと思いました。

もちろん男の人にとって仕事がどれほど大事なことなのかはわかっているつもりですが、私のことよりも仕事の話ばかりなのです。なんだかどれだけ自分がすごい人間なのか誇示しているように感じました。

そして極めつけは、食事中に私が頼んだ料理を全て「少しちょうだい」とちょっとずつ食べてきたんです。

ものすごく仲の良い関係なら別に良いんですが、初めて二人きりで会った関係の人にそういうこと要求するなんてすごい人だなと思いました。

人との距離が上手に測れない人なんだなと思い、相手への気持ちがサーッと冷めていきました。