婚活後の趣味のスタンスを巡ってトラブルになりました

婚活はまあちょっとずつやっているのですが、やはり男性と女性はどうしても会わない点というものがあると実感しています。自分は男性なのですが女性とはやはり趣味のスタンスというものが大きく違ってくると思います。大体女性は自分が大好きな感じなので、自分の趣味は認めても彼氏の趣味を認めないというケースがあるみたいですがこのようなトラブルに関しては自分も体験しました。

まあよくあるケースと言えばそうなのですが、実際に婚活パーティーに出ている感じでは趣味に関しては普通のものであり、自分も無難ながらも多少はオタクっぽいものを出していてそこは理解が取れていたと思ったんですね。比較的良いところの女性という感じでしたが、どうも甘やかされた環境だったみたいであり浪費癖というものがあるのも後々で気づきました。彼女の趣味に関してはブランド品などもありましたが、後で分かったのがジャニーズ系のアイドルに関する追っかけをやっておりその関係の商品をかなり買うという趣味がありました。

まあ自分の側もオタクをやっているのでアイドルを好きになる気持ちはわかるのですが、それでも段々と浪費癖というものが分かってきておりクレジットカードなどもかなり使っていることが判明しました。流石に結婚を見据えているのが婚活なので、生活費にまで影響する使い込みの程度だったので流石に色々トラブルになったことがあります。自分は生活費をしっかりと確保してから娯楽費から趣味代を出しているので、その辺はやはり理解できないなと思ってお付き合いを止めてしまいました。

趣味に関してはそのスタンスが合えばいいですし、最低限口出ししなければいいのかもしれませんが、しかし将来的な結婚生活でのお金の使い方が絡んでくると話は別になると思います。この点は婚活当初では見抜けないものなのかもしれませんが、気を付けてほしいなと思います。