価値観を共有できる相手を見つけるためのコツ


誰かと付き合おうとするとき、手始めに重視されるのはまず「話が合う」、「感覚が合う」かどうかということです。その結果付き合うことになるのは、もちろん、その第一ポイントに合格したからです。その後付き合いを続けていくうちに、更なるポイントがチェックされていきます。

思いもかけない状況で、思いもかけないことが判明するなどということもあるものですので、様々な状況をともに経験するのは大事なことといえるでしょう。私の場合、その後まもなく「おや?」と思うことがありました。長時間待ち歩きをして、お互いに洗面所にいきたいと思っていたところ、コンビニを見つけて入ったのです。双方の状況を分かっているにも関わらず、相手は真っ先に洗面所へ入りました。

切羽詰っていたのだろうということはもちろん想像出来ますが、「先に使わせて」「ごめん」などの一言を添えることは出来たはずです。現に、用を足したあとは私に声を掛けるでもなく、すまして店内を見て回っていました。こんな小さなことで、人柄が判明してしまうのです。このエピソード一つですでに相手に対する思いやりの欠如や想像力の不足が示唆されています。

お付き合いには楽しい相手ですが、残念ながら結婚相手としてはここで脱落です。最近では、フェースブックを使っている人はたくさんいます。それぞれが日々のプライベートの活動や、思ったこと感じたことを投稿しています。実は、これは、人を判断するのに大いに役立つツールといってよいでしょう。

いいなと思っていた人のフェースブックをみていくうちに、なかなか自意識過剰な人だなとか、偏った考えの持ち主だななどということが明確に理解できるようになってきます。同じような価値観を持っている人かどうかというのは、結婚相手として非常に大事なポイントなのです。他の点がよいからと思って選んでも、その人の基となる価値観が異なっていると、必ずいつか多かれ少なかれ辛いことになります。フェースブックは、相手チェックにも有効なのです。